Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

歯科医からの健康情報をお届けします。

(Page 1) | 2 | 3 | .... | 8 | newer

    0 0

    波動の共鳴現象というのは不思議なものでホメオパスの患者さんが来院したと思ったら、ホメオパシーを勉強中の患者さんが来院しました。歯科治療に対する要求も厳しく私には歯科材料と身体の関係をチェックして欲しいとのことで来院しました。そして先生も勉強してみませんか?ということで本を貸してくれました。(^_^)

    イメージ 1 3冊もです! ホメオパシーの入門書と、歯科医のためのホメオパシー本が2冊。

    ホメオパシーは日本でも数年前にバッシングを受けたばかり。医療関係者にホメオパシーでの治療を行わないように異例の通達。ここにもロックフェラー一族系の製薬会社の圧力がかかっています。ロックフェラー一族は石油で財をなした一族。石油系から作る製薬会社も支配下に入れ、医学は西洋医学が王道のような風潮を作り上げ世界中で薬剤、ワクチンを売りさばいています。当然代替医療の分野でレメディーという治療薬を使うホメオパシーの存在は許し難いことであり、根拠のないデマや、中傷を続けてホメオパシー治療自体が衰退するようにマスコミなどを使い人々を洗脳しようとしています。それだけホメオパシー治療は有効な治療であることの証明にもなるのではないでしょうか?

    レメディーを買うことが出来るようになりましたので重金属デトックスが必要と考えられる患者さんには積極的に薦めていこうと思ってます。

    実は自分はここ数年来の水銀アマルガムの除去で体内の水銀量が大幅に増えてきました。
    歯科アマルガムからの水銀蓄積量を検査できる機関を知りませんので波動反射テストを使って体内水銀蓄積量が平均より多めという診断の元に、一番安上がりな重金属デトックス法として片栗粉デトックスを今年2月から実施しました。約2ヶ月経過した時点で体内水銀量は約4割減という素晴らしい成果でした。

    来月からは本格的にレメディーを使い水銀排出が何処まで出来るか自分の身体で実験です。


    0 0

    最近は裏世界関連の本を数冊購入。最初に読んだのはこの本。

    イメージ 1

    本に書くというのはインターネットでの発信と意味合いが違うと思います。
    取材不足は否めませんが、命の危険を顧みないで出版したことは勇気ある行動だと思います。
    早く多くの人が世界銀行家による人類征服計画が進行中ということに気がつき出来るところから行動しましょう。



    0 0

    糖質の過剰摂取にたいする警告です。原始人食を推奨する崎谷先生の音声です。




    最近では糖質を制限した食事が身体の健康を保つ上で大事なことと認識されつつあります。
    砂糖の有害性については以前にも投稿しました。TVCMばかり見てると砂糖ジャンキーがどんどん
    増える傾向に拍車がかかります。砂糖はあくまで少量、中毒性があるので毎日でなく時々が望ま
    しいと考えてます。
    虫歯ができやすい人も砂糖を止めれば虫歯の発生はほとんど止めることが出来ます。


    0 0

    シュア解禁とのことでfacebookでの内海聡先生の記事を投稿させて頂きます。

    とりあえずシェア解禁。どんどん拡散しておくれ。網野幸子と清水俊彦と岩田健太郎に聞いてみればいいんじゃない?ついでに製薬会社からどれだけ寄付貰ってるかも聞いとくれ♡

    ・ワクチンの歴史において感染症に効いたとされていますが、実際感染症が衛生行政等により激減してから、ワクチンが導入されたという事実について知っていますか?

    ・ワクチンを作ったのはジェンナーだとされていますが、歴史上ジェンナーの天然痘のワクチンが打たれるようになってから、天然痘が激増したという歴史的事実をしていますか?

    ・著書『ワクチンの恐怖』のなかで天然痘の死亡者数よりも、天然痘ワクチン接種による死亡者数の方が毎年桁違いに多いことが示されていますが、これは真実ですかそうではありませんか?もし真実でないならどの部分が真実でないかをご説明して下されば幸いです。

    例えばアメリカで子供がすべてのワクチンを受けると、最大35回の接種を行うことになります。それには113種類の病原粒子、59種類の化学物質、4種類の動物細胞・DNA、中絶胎児の細胞から取り出した人間のDNA、人アルブミンが含まれています。それらが安全かそうでないかにつきご指導頂ければと幸いです。安全である場合なぜ安全と言えるのか、素人に分かりやすくご教示頂きますようお願い致します。

    ・ワクチンの中に水銀が入っている物がありますが、水銀が危険な物質であることはご存知ですか?ちなみに子宮けいがんワクチンの場合、子供の許容量と比べてどれくらいの量が入っているかご存知ですか?ワクチンの水銀が危険でないという理由を大企業や学会が示したというものでなく、科学的な理由により簡潔にしめして下されば幸いです。

    ・ワクチンの中にアルミニウムが入っている物がありますが、アルミニウムが危険な物質であることはご存知ですか?なぜこれが危険でないかということに関しても、同様にしめして頂ければ幸いです。

    ・シックハウス症候群の原因とされるホルムアルデヒドがワクチンの中には入っていますが、これは安全ですか危険ですか?もし安全とされるならその理由を、同様に大企業や学会の論文ではなく、簡潔な科学的説明によりお示し頂ければ幸いです。

    ・ポリソルベート80が一部のワクチンには入っていますが、メスのネズミで不妊症、オスのネズミで睾丸の萎縮をひきおこすことがわかっています。これは安全ですか?危険ですか?もし危険でないなら人間を不妊にさせないという根拠をお示し頂ければ幸いです。

    ・自閉症の研究・治療団体ジェネレーション・レスキューは、ワクチンにより自閉症や発達障害が増える可能性について示唆していますが、これは正しいですか?間違っていますか?これまで同様に利益相反のない科学的、統計学的見地からお示し頂ければ幸いです。

    ・子宮けいがんワクチンで予防できるとされるワクチンの種類と、ウイルス全体の種類につき簡潔に教えて頂ければ幸いです。

    ・マイク・アダムス氏は、子宮頸がんワクチン「ガーダシル」が、逆に子宮頸がんの発生リスクを44.6%も増加させることを示すFDAの書類を取り上げていますが、これは正しいですか?間違っているでしょうか?科学的な理由も付記してお示し頂ければ幸いです。

    ・前橋スタディについてご存知ですか?他にも複数のインフルエンザワクチンの効果を否定しているスタディがあるようですが、仮にこのスタディを否定的であるとするなら、どの部分に科学的、統計学的な問題があるかお示しくだされば幸いです。

    ・インフルエンザワクチンの効果が否定的なため、政治的に強制接種でなくなったという歴史についてご存知ですか?

    ・ポリオワクチンは安全ですか?ポリオワクチンの添付文書の内容と、日本におけるポリオの発生数と、ポリオワクチンにより出現した副作用数を同様にお示し頂ければ幸いです。発展途上国におけるポリオワクチンの動向と合わせてお願い致します。

    ・風疹ワクチンは安全ですか?混合ワクチンはさらに安全ですか?風疹先天症候群の発症者が何人であり、風疹に関連したワクチンでどれくらいの死亡数、もしくは重篤な副反応が出ているかを是非お示し頂ければ幸いです。出来ればアメリカのデータと日本のデータを比較して頂ければ、専門家としてはさらに助かります。

    ・修飾風疹、修飾麻疹という言葉をご存知ですか?

    ・DPT三種混合とSIDS突然死の関連性については、他にも正式な研究が沢山されていて、コールターの著書に紹介されているようですが、この著書の内容についてどこが問題かを教えて頂けますか?

    日本脳炎の接種による副作用が原因で平成17年から21年まで積極的勧奨の差し控えが行われたのをご存知ですか?また、日本脳炎は非接種群であっても10歳になると約80%が保有することがわかっていますが、この点と、日本脳炎における年間の死亡数と、地域、年齢を比較したうえでこのワクチンの必要性につき、系統立てて説明いただけますか?

    ・ロタウイルスのワクチンとして米国で認証されているワクチンの一つ、『ロタリックス』は、「豚ウイルス物質に汚染している」ため、米国連邦健康当局が勧告したのですが、このワクチンは必要であると思われますか?

    ワクチン接種した子供は、未接種の子供と比べて2-5倍病気や異常が出やすいというドイツの研究報告があるのですが、その研究は正しいですか?間違っていますか?もし間違っているのであればどこが間違っているかをお示しいただければ幸いです。

    西ヨーロッパで百日咳のワクチン接種をいまだに義務化している国は、アイスランドだけのようなのですが、なぜこうなってしまったのでしょうか?。

    ・利益相反という言葉をご存知ですか?ぜひ簡潔でいいので説明して頂けるとありがたいのですがどうでしょうか?ついでにお聞きしたいのですがワクチン行政と医学界に利益相反は存在しますか?

    予防接種法は19条1項で国に対し「国民が正しい理解の下に」予防接種を受けるよう,知識の普及を義務付けており、副反応で重篤な被害が出る危険があることも周知徹底した上で,予防接種を推奨する必要があるのですが、それを無視して推奨することは法律に違反することをご存知ですか?

    公立大学などが,禁忌者・信念や宗教上の理念に基づいて接種を拒否している人間の入学を拒否することは,憲法19条,20条,26条に違反することをご存知ですか?

    定期健康診断の際に,医師や保健師から「どうして受けないんですか?」などと言われた場合、市長村長、保健所長宛ての 「行政手続法第35条に基づく書面交付要求書」を提出でき、医師(保健師)がこれを受け取らないことは違法なのですが、それについてはご存知ですか?

    日本の大手製薬企業MSDが、自社製品の販売促進のため医師への不適切な金銭提供などを行ったなどとして、日本製薬工業協会(製薬協)か ら2011年7月15日会員資格停止処分を受けたことをご存知ですか?

    アメリカにおける子供1人あたりのワクチンへの出費が1975年は$10と試算されていたようなのですが、 2009年には$1225と試算されているようです。なぜこのように跳ね上がったのかと、その後アメリカの感染症はどれくらい改善したのをかをお示しいただければ幸いです。

    ・本当に議論をしたいと思うならせめて自分の名前と資格と医療機関を明かしていただけますか?。また、専門家であれば全ての質問に対して、素人でもわかるようにお答え頂ければ幸いです。

    ・これまでの質問を総合して、あなた方がなぜワクチンをすすめるのか、その理由を教えて頂けますか?ついでにあなた方がもし勤務医や大学勤務であるならば、製薬会社からいくら寄付金があったか明示して頂けますか?


    今回はワクチンについての疑問です。非常に危ない添加物がワクチンには入っています。製薬メーカー側はこの理由を明かそうとはしていません。ワクチンというのは病気の発症を防ぐという名目で接種するべき物ですがワクチンを接種すると実は病気が増え死者が増えるという皮肉な結果です。
    これは明らかに医療ビジネスの一環であり地球規模の人口削減計画です。
    医者の言うことを聞けば聞くほど病気になり早死にすることになりかねません。それだけ製薬ビジネスは大きな産業であり医者はその実行者と言うことになりませんか? 

    まずインフルエンザワクチンを接種しないことから始めてみませんか? 
    インフルエンザワウチンが有効だと考える専門家はいないことを知っていますか?
    毎年接種すると水銀中毒になりリューマチの症状が出ることがあることを知ってますか?


    0 0

    私のオフィスでもミドリムシのサプリを取り扱って2年程になります。
    テレビや雑誌でも取り上げられる機会が多くなり定期的に買ってくれる患者さんもできました。

    青汁は患者さんが持ってきてくれて波動で診たことがあるのですがいい結果は出ませんでした。
    おそらくアクの成分が体に悪いという反応が出たのではないかと思ってます。アクは薬として働くこともあると思いますが、健康状態を維持している人には玄米と同様に患者さんには薦めていません。
    ミドリムシはまず1本自分で購入して調べて、患者さんとの適合を調べてみて患者さんい紹介しています。
    いままで悪い反応が出た人はいません。総合栄養サプリとしては高額な部類に入ると思いますが天然素材であるので仕方ありませんね。

    今では、クッキーやペット用の物までどんどん種類が増えています。
    今日FAXで届いた資料をそのまま掲載します。

    ~アメリカの少年院で8000人を対象にした実験から~
    もっとも悪質で凶暴な行動をする少年たちの食事に共通して不足している栄養素が判明した。
    それは5つのビタミン(ビタミンB1,B2,B3,B6,葉酸)と4つのミネラル(カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛)でこれらの9種類の栄養素のうち、5つを不足させている少年は、例外なく著しい暴れ者だったとのこと。

    ~北海道大学 澤口教授~
    幼児期に栄養不良で育った子供と、栄養をしっかり摂って育った子供で、脳内のDNAを測定。栄養不良児は、脳内DNAが非常に不足し、心の発育をつくる神経回路がうまく育たない。更に知能指数はその全てで100以下だった。

    ~ルース・ハーレルの実験~
    ○ビタミンC、B1,B3,鉄は、どのテストでも明らかに子供のIQを高める。
    ○アミノ酸は全ての年代の知恵遅れの子供のIQを高める。
    ○ビタミンB1は明らかに子供の知的行動を高める。

    栄養不足の子供が多く食べ過ぎているのが砂糖を含む糖質。カロリーは摂れているので栄養不足には見えない。しかし潜在的にアミノ酸やミネラルが慢性的に不足している。それが脳の働きに明かに影響している。人間の問題行動の中にはこうした栄養不足が大きく絡んでいることがわかります。投薬よりもカウンセリングや栄養指導をした方が解決に繋がることがあるのではないでしょうか?

    ミドリムシには、青汁やロイヤルゼリーよりも多い59種類の栄養素が含まれています。

    【ミドリムシに含まれる栄養素一覧】

    ≪ ビタミン類 ≫
    βカロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK1、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸

    ≪ ミネラル類 ≫
    亜鉛、リン、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、鉄、マンガン、クロム、銅

    ≪ アミノ酸類 ≫
    バリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニン、リジン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン、チロシン、トリプロファン、グリシン、セリン、シスチン

    ≪ 不飽和脂肪酸 ≫
    DHA、EPA、ミリストレイン酸、パルミトレイン酸、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、アラキジン酸、エイコサジエン酸、ジホモγ-リノレン酸、アラキドン酸、ドコサテトラエン酸、ドコサペンタエン酸

    ≪ 特殊成分 ≫
    パラミロン(βグルカンによって構成)、GABA、葉緑素(クロロフィル)、ルテイン(カロテノイド)、ゼアキサンチン(カロテノイド)

    私は自信を持ってオススメします。吸収率の悪くアクの心配のある青汁からミドリムシへ!
    私のオフィスでは各自に適合性を調べて1日量もアドバイスした上で購入してもらってます。


    0 0
  • 07/24/13--02:46: [転載]大丈夫My freind!
  • 最近私のブログ友達に誹謗、中傷、嫌がらせコメント・・・・

    役立つかはわかりませんが今日は私の実践している波動反射テストからの教訓を紹介します。

    言葉や文字にもエネルギーがあります。そんな馬鹿な?と思うかも知れませんね。
    特に理系の方は科学的な根拠がどうこう言って受け入れ難いと思います。
    しかし「ありがとう」と「ばかやろう」と声に出して筋肉反射テスト、或いは身体の柔軟性を確認できるテストをすると明らかに差がでます。科学では到底解明できない目に見えないエネルギーの世界です。

    口に出さなくても心の中で思っただけでも身体に反応の違いがでます。患者さんにやってみると皆さん驚きます。そしてこのエネルギーは距離に関係なく宇宙の何処にでも届くようです。
    たとえば会社帰りの居酒屋で会社の上司や同僚への悪口三昧!悪いエネルギーとしてすべて届いてます(*_*)
    悪いエネルギーを出したことで大抵はオーラが乱れたりチャクラがちゃんと回転していません。私にはわかります。
    奥様達の井戸端会議での旦那の悪口!これも旦那に届いてます!言葉としては届いていないと思いますが悪いエネルギーとして確実に届いてます(@_@)

    では悪いエネルギーとはなんでしょうか? マイナス思考で発せられる言葉と想いです。

    矢山先生の考えを紹介すると病気になる人、ネガティブな人(マイナス思考)とは 
    ○がんばりすぎる。がんばりすぎて返って周りに迷惑をかけてしまう人がいます。
    ○「こうでなくてはいけない」という義理、義務ばかりで心を縛ってしまう。
    ○愚痴ってしまう。
    ○「こうだから、こうあるべきだ」と原理、原則に囚われすぎる。
    ○何かとごまかす。この場合は身体が痛みなどの危険信号を出してるのにまだ大丈夫、まだがんばれると誤魔化してしまうことです。

    生きていくことはエネルギーのやりとりです。そしてそのエネルギーは自分が発しているエネルギーと同じエネルギーが自分に集まってきやすいということ。これを共鳴現象といいます。自分がプラスを発すれば自分にプラスのエネルギーが集まりやすいということ。自分が悪い(マイナス思考の)エネルギーを発してると不思議に悪いエネルギーが集まってきます。愚痴れば愚痴るほど悪いエネルギーが自分に集まってきてしまいます。これは宇宙の法則です。

    酷いコメントを書いてくる人はマイナスエネルギーの固まりです。まったく無視してコメントを即刻削除する事が賢明だと想います。嫌なコメントに頭に来てこちらがマイナスエネルギーを出しつつコメントを返すと相手からさらに悪いエネルギーになって返ってきます。そして悪いエネルギーのキャッチボールをしてるうちにこちらがやられてしまいます。悪いエネルギーの固まり(たとえればダースべーダー)のような人って少ないですけれどいます。一見非常にいい人に見えるのですが、その人と付き合ってるとツキがなくなり、悪いことが起こりやすくなり、組織は場合によってはバラバラになります。

    達が悪いのはマイナスエネルギー大量に出している人はそのことに気がついていない人が多いこと。

    波動治療の師匠の三浦先生に出会う前は自分だって愚痴の毎日、マイナスエネルギーの固まりだったと思います。人間関係、経済状態もどん底でした。今でも抜け出したとは言えませんが(^_^)b


    それでも最近になって私と話してるだけで身体の具合が良くなり、気分が良くなり通院の帰りについつい買い物をしてしまい家族に怒られますという患者さんが現れました。

    この患者さんにアドバイスしたのは前述の矢山先生の言霊修行!
    「あ」は「ありがたい」
    「い」は「いつくしむ」
    「う」は「うれしく」
    「え」は「エンジョイ」
    「お」は「おおらか」

    これを1万回唱えます。途中にネガティブなことが浮かんできたら1からやり直し。
    自分はまだ成功していません!(^_^) しかし愚痴ることはほとんどなくなりました。
    マイナスの言葉の口癖が減ると、脳の働きが高まって、勇気、やる気がわいてきます。
    立ち直るのも早いです!
    そしてこの修行はお金がいっさいかかりません。

    そんなことやったって無意味、変わるわけない!とお考えの方は既にマイナス思考なのです!
    やった人にしかわかりません。発する言葉で人生は変わると思います。

    何かで腹を立てたり、ヒステリックになって興奮している人に決して私は共鳴しようとは思いません。
    火に油を注ぐようなことをしてはいけません。その状態に耐えるようにアドバイスすることと心を和らげる言葉を掛けることしかできません。

    http://img5.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/f7/5f/jinseibackdrop/folder/762024/img_762024_34427315_0?20130724184433
    癒し系写真です。

    ランキング参加中。一日一クリックお願いします。エロサイトには飛びません、ご安心を(^_^)
    http://music.blogmura.com/acousticguitarist/img/acousticguitarist88_31_yellow_1.gif
    にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ(文字をクリック)

    転載元: 人生バックドロップ歯科医のアコギでGO!


    0 0

    暑い日が続きますが元気に仕事をしております。8月4日に母が亡くなり、心にぽっかり穴があいておりましたが、難病の患者さんが増えつつあります。

    6月から来院しているのは線維筋痛症の患者さん、大学病院、整体治療、霊能者による治療を受けるもののほとんど効果が見られませんでした。顎関節症にも罹っていて他院でかなり咬合調整されてました。噛み締めが凄くそれを緩和するために三浦式波動反射法を使い顎位を修正するマウスピースを作りました。歯がすり減ることを防ごうとして入れたつもりでしたが次回来院時には歩行もかなりキツそうだった痛みが軽減してました。マウスピースをいれると5分程で痛みが和らぎ、外すと20分くらいで痛みがぶり返すそうです。噛みしめることとこの病気は関係がありそうです。

    私も身体の中で何が起きているのか全くわかりません。顎位を修正するべく頬舌面干渉を調整しております。身体に不適合なパラジウム合金のインレーとレジン充填もあります。他にもう治療法がないと患者さんは言います。痛みが軽くなったときには「先生は神様です!」と言われました。身体のほうは接骨院の石井先生に診ていただいております。噛み合わせ以外にも体内の有害物質、細菌、ウイルスを視野に入れてなんとかしてあげたいと考えております。その後アマルガムを外してほしいという内科医が来院、続いて重度の電磁波過敏症の方が来院しました。携帯電話を近づけると身体がぐらぐら揺れだし、心臓がバクバクします。脳のCTとMRI検査をしたそうですが異常なしで治療方法がなく私のところにきました。全く持って未熟な私ですが少しでも役に立ちたいと必死です。

    師匠の三浦靖先生の著書「病気になったら歯医者に行こう」が私にも現実味を帯びてきました。


    0 0
  • 08/30/13--04:59: 電磁波過敏症の治療
  • 今月からSさんという女性の電磁波過敏症の患者さんを初めて治療しています。
    症状としては電化製品に近づくと心臓が締め付けられるようになり身体に力が入りづらくなるというものでした。

    初診時に東京に住む娘さんも同行してくれてスマートフォンを使ってテストしてみました。Sさんに立ってもらいスマホを近づけると顔が苦しそうになり身体が震えだしてグラグラ揺れだしました。

    藤井先生の動画では見たことあるのですが、自分の目の前で起こってる現象に言葉もでないほどの恐怖を感じました。Sさんは数年前に脳梗塞を起こしたことがあり、身体に異変を感じてCTとMRI検査を受けたそうですが脳には異常は認められずに治療方法がないということで私のところに相談に来られました。
    毎度のことですが歯が痛いとかではないのです。

    お口の中を拝見するとありましたよ!アマルガムとパラジウム合金( ̄O ̄; ))おっ!?  つづきます。


    0 0

    ようやく日本歯科医師会が歯科用アマルガムの使用に対する見解を述べた。

    イメージ 1
    今後は歯科用アマルガムが一刻も早く使われないよう御願いしたい。

    イメージ 2
     
    しかしである! う蝕の再発等が確認されない限り、原則として除去するべきではないとはなんとも
    なまぬる過ぎるではないですか!アマルガムで具合悪い人は想像以上に多いです。見逃してたら
    無駄な医療費がかかるのではありませんか?  それをあえてやってるのでしょうか?
    ドイツではアマルガムを安全性の高い金合金に交換すると国から助成金がでるそうです。
    日本の省庁の対応はいつになったら変わるんでしょうか?

    撤去には自分も神経を使っています。なんせ160円しかいただけません。
    飛散防御のキャップとラバーダム、鼻からの酸素吸入、よく切れる新品の切削バー!
    できれば水銀対応の毒ガスマスク、口腔外バキューム。保険診療じゃ無理です。


    0 0

    高校球児のマウスガードを作製し、従来型で作製したマウスガードとの比較をした動画をアップしました。
    詳細はあらためて報告します。




    0 0

    今日約20年間ほぼ寝たきりの生活をしている患者さんが来院しました。
    西洋医学的には治療法のない慢性疲労症候群の患者さんです。少しでもよくなればということで市内の医師からの紹介で昨年から治療しています。身体に出てる不快症状を今日紙に書いて来てもらったら17項目ありました。これに対して投薬したら大変なことになりますね。昨年暮れの治療で大きなアマルガム充填を外したのですがほんの少しですが身体に変化があったと嬉しそうに話してくれました。治療台に座るのも苦痛なようですが頑張って通院してくれてます。今日は今年初の治療でしたが改めてよろしく御願いしますと涙ながらにお願いされました。私の話もちゃんと聴いてくれるし治りたいという強い意志が感じられました。1つでもいいから不快な症状が消えてくれればと思っています。

    ところで昨年ブログに元患者と称して誹謗中傷のコメントを書かれました。誰なのかは直にわかりました。
    自分に起きている問題をすべて他人のせいにして自分に否はないという考えでした。当然ストレスも凄くて自分の歯を歯ぎしりで砕くという自虐行為に及んでいました。
    自分は数時間にわたり波動の法則をわかりやすく話したのですが彼は彼なりにいろいろ本を読んで勉強していたらしく話は平行線で来院しなくなりました。彼の心が変わらない限り治る見込みはゼロだと思いましたので自分はほっとしました。人間追いつめられると他人の忠告やアドバイスに耳を傾ける余裕もなくなり悪戯にドクターショッピングをしてさらに悪い状況に追い込まれるのかなと思います。

    波動治療の師匠の三浦先生のセミナーは実技とは別に多くの時間が説法に当てられていました。セミナー参加者はそれが不満で多くの人が途中離脱してます。最近は少し変わったのかな?

    簡単な不定愁訴は実技をマスターすることで対応できるので、説法などはほとんど必要がありません。しかし波動反射治療を始めて8年も経つとそれでは対応できない患者さんがだんだん来院してきました。今になって考えるとあの説法が実は大事だったんだなと痛感してます。お金がなくてセミナー後にキャバクラに行けなかったので日中も居眠りもせずしっかり師匠の説法を聴けたことが役立ってます。

    重症であっても治りやすい患者さんは素直に話を聞いてそれを実践してくれる人が圧倒的です。治りにくい人の特徴はいろいろな本を読んだりインターネットで調べて頭でっかちになり素直に私の話を聞けない人に多いのです。知識を持つことは大事なことですがいったん溜め込んだ知識を脇に置いて話を聞いて欲しいのです。私の話に反論することが目的で来院したのなら最初から来ないほうがいいのかもしれません。病は気からです。病気を治したいという心のあり方がまず大事です。そこには科学的なエヴィデンスとかは入る余地がありません。自分が変わることが一番大事です。決して他人のせいにしてはいけません。

    長々となりましたが普通の歯科医では決して味わうことの出来ない重圧感と達成感に満たされて毎日幸せだなと思って仕事しています。


    0 0

    動画の投稿からかなり時間んが経ってしまったので前の投稿を削除して新たに投稿します。

    患者さんは高校生で野球部の投手。
    マウスガードを作成して欲しいとのことでした。野球でのマウスガードは彼の高校の場合には希望者が作ってもらってるそうです。彼は3個作っていて全部持って来てもらいました。

    イメージ 1

    下の白いのが試合用で、上の2つは練習、トーレーニング用。
    規定でマウスガードの色は試合の時には透明か白のみ許可されてるそうです。
    身長が180くらいで細身のからだです。腰椎を疲労骨折してしまい夏の大会以降はリハビリ中とのことでした。

    歯形を取った後に、全身と顔の写真を撮影。波動反射テストとSLR。最後にアスリートにとって重要な重心の位置をチェックしました。事前にわかったのは彼の持って来た3つのマウスガードは口に入れるとパフォーマンスが低下してしまうこと。立位の重心が踵側にずれていることがわかりました。踵重心のため倒れないようにバランンスを取るために頭を前方に出すために猫背になってました。これを改善するマウスガードは出来ると判断して試合で使う透明タイプとブルーの2つを製作しました。

    彼の模型を咬合器にセットして目の前に写真を置き、イメージしながらマウスガードの厚さ、外形の位置、噛み合わせの位置を決めていきました。色をイメージするとブルーが彼には合ってるようでした。

    完成した2つのマウスガードと試合用として以前からつかっていた物との比較です。
    関節の可動域と筋肉の柔軟性を調べるためにSLR( Straight Leg Raising Test)を行います。
    右と左に差があるかも確認します。


    見れない方はこちらから http://www.youtube.com/watch?v=G6_LiSeNoqk

    普段は津軽弁で喋りますので字幕スーパーが必要だと思います(*´∀`*)

    足を持ち上げるときの注意は被験者には脱力してもらうことです。自分の力で足をあげないようにしてもらいます。そうするとあるところから急に重くなったような感じがしてきて最終的にはロックしたように足を上げられなくなります。その時の足の角度を比較します。動画ではマウスガードなし、旧試合用マウスガード、新練習用マウスガード、新試合用マウスガードの順でテストしています。旧試合用のマウスガードを入れると身体が硬くなるのがわかると思います。全身の筋肉が連動してますので投手であれば肩の関節の可動域も狭くなり球が走らないということが起きると思います。球が走らないから更に力んで投げて投球フォームのバランスを崩してコントロールが乱れて四球を出したり高めに球が浮いて痛打されるなんということが考えられます。

    彼にはブルーが合うこともこれで確認できます。


    続いて重心についてです。

    見れない方はこちらから http://www.youtube.com/watch?v=USGR6Xq8Tq0

    前の動画でもありましたが手の指で波動をキャッチしているので手が微妙な動きをしています。
    最初は両手からスタートして片手で反応がとれるようになりました。左手の手のひらで押すようにしているのはイメージです。直接触らなくても被験者からは波動が飛んできます。重心はマウスガードのみで改善されないこともあります。その時には歯を調整することになります。マウスガードなし、旧試合用マウスガード、新試合用マウスガードの順に検査してます。元々踵に重心がずれぎみで、旧試合用マウスガードでは改善さていません(ひょっとしたら悪くなっているかもしれません)新試合用マウスガードでは前方から押しても倒れなくなりました。現在では斜方向からも調べて更に良いマウスガードを作成しています。以前記事に書いた繊維筋痛症の患者さんの痛みを軽減できたマウスガードも同じようにして作成しました。

    この三浦式波動反射法で作ったマウスガードの不思議な所はマウスガードを噛み込んでも噛まなくても安定してパフォーマンスが安定することです。あらゆるアスリートにお勧めできます。

    三浦先生の作ったマウスガードは組合格闘技、ボクシング、オリンピック選手達等に使用されその驚異的な効果から”魔法のマウスガード”と呼ばれています。

    マウスガード或はマウスピースはただ作ればいいというものではなく素材や色、形、厚さ、顎の位置をしっかり決めて作ることにより素晴らしいものになります。

    パフォーマンスが低下する物だけは避けて欲しいです。彼のように怪我や故障の原因になり得ます。

    誹謗中傷コメントがまたありましたのでコメントは承認後に公開されるようにしました。
    最後まで読んでいただいてありがとうございました。


    0 0

    今日は。ここの所私の波動が上昇したのでしょうか?公私ともに充実した日々を過ごしております。
    忙しいという言葉は使いません。心が亡くなると書きますのでマイナスエネルギーを引き寄せるもとですね。

    今日は1月下旬から待合室に置いてる陶板浴の機械”アップワン”を紹介します。
    アップワンの開発者は自らのレヴェル4の末期胃がんを陶板浴で治癒させた経験から家庭で手軽に陶板浴ができる装置の開発をはじめたそうです。
    イメージ 1
    イメージ 2
    イメージ 3

    アップワンの開発にはキネシオロジーとホメオパシーの技術が使われています。
    もともとあったアップワンを波動処理で改良した製品です。改良に当たったのが以前紹介したことのある私の患者さんであり波動反射治療の理解者であるKさんです。Kさんとは波動情報の情報交換をしておりましてその時の情報が製品改良に生かされています。つまり私のアイディアも少しは入ってる製品に仕上がっています。電磁波関連の問題も処理されています。

    アップワンは波動処理を施したセラミックを熱することで最大60°まで温度が上がります。
    セラミックからは通常の陶板浴よりも大量の遠赤外線が発せられさらに抗酸化力のあるエネルギーが放射されます。汗はかくのですが粒子が細かくシャワーも必要ない程度です。

    ◯効果
    1.自律神経の交感神経優位から副交感神経優位になりリラックス効果があります。
    2.遠赤外線効果で身体の芯から暖まります。
    3.錆び付いた身体が還元されます。

    お勧めできる方。
    更年期の健康管理、不眠症の方、高血圧の方、癌治療中の方、動脈硬化が気になる方、何かと疲れやすい方、冷え性の方、難病の方、ストレスを感じやすい方、糖尿病の方、体温が35度台の方,etc

    アップワンという名前は体温を1度上げようという願いからだそうです。
    免疫力と体温の関係について列記しておきます。

    ☆免疫細胞は温度が高い方が活性化する。発熱という現象は免疫を最大限に上げて病気を治そうとする正 常な反応。これを解熱剤で下げるのは実は病気を長引かせてしまう。

    ☆がん細胞は体温35度前後で最も増殖する。39度以上だと死滅する。

    ☆体温が1度上がると免疫力は5~6倍になる。体温が0.5度下がっただけでも免疫力は35%程下が ってしまう。

    ☆がんにならない器官が2つある。それは心臓と脾臓。どちらも温度が高い。がんになりやすい器官は管 腔器官で、外界とつながり冷えやすい食道、胃、肺、大腸、子宮などである。冷たい飲み物を好むのは 非常によくない。身体を冷やす砂糖の取り過ぎもガンと関係がある。

    ☆世界には名医が2人いる。食欲不振と発熱である。野生動物はこの2人の名医により癒されている。
     病気の時に栄養のある物を食べるのは無知な人がすることです。

    大きな機械ではありますが、発熱体の所だけを厚さ3.4センチ程にして2分割できるようにしたアップワン ハーフ&ハーフという製品もあります。使わない時には立てて収納できます。
    消費電力は100vで300w。1時間あたり8.4円。

    私のオフィスでは治療台を1台廃棄してアップワンを診療室において患者さんに使ってもらおうと思っています。とにかく身体がリラックスして暖まります。雪かきで痛めた腰、膝も1日で治ってしまいました。高価な機械(おおそよ40万円)ではありますが置けるスペースがあるのでしたら一家に一台、職場に一台置くことで多くの人がその効果の恩恵を受けられると思います。

    アップワン  http://www.taion37.comからお問い合わせ下さい。

    青森県内の方は 株式会社縄文開発  Tel 0172-57-2936   FAX 0172-57-2951
               e-mail   masato@jkk-kouhou.co.jp  
            

    紹介者は青森市の歯科医の對馬人志(つしまひとし)でお願いいたします。
    今月下旬までは私のオフィスに機械がありますので試してみたい方はどうぞ(o⌒∇⌒o)
    車にも楽に積めるハーフ&ハーフは無料貸し出しも出来ます。
    アップワンの件でという件名でメールください。注文も出来ます。  j​ins​eib​ack​dro​p@y​aho​o.c​o.j​p

    オフィスには5月ころからアップワンを常設する予定です。


    0 0

    前回の投稿で紹介した陶板浴のアップワンハーフ&ハーフも紹介しておきます。

    イメージ 1

    リビングに置いてる状態です。全長190cm、幅70cm、厚さ3.4cm、重さ12kg(片々6kg)。
    模様はチャクラです。

    真ん中の所で分割できます。コンセントで繋がってます。右側半分でも使うことが出来ます。
    イメージ 2

    操作パネルです。
    イメージ 3
    電源スイッチと温度調整とシンプル。

    極寒気の1月中旬から1ヶ月半程試用中です。
    毎日使ってみたり1日あけて使ってみたりして効果を確認してきました。
    キネシオロジーを使って作ってあるので筋肉反射テストを使って調べると有害電磁波は出ていません。身体にプラスに働く波動エネルギーが出てます。雪かきをする時期と重なっていたのですが雪かきの後に30分程横になることで筋肉痛に見舞われることはほぼありませんでした。腰に張りが出ても治ってました。今年は雪が少なめなので最近では就寝前に横になってましたが、使った後に血流がよくなるためなのか身体がしゃきっとしてリセットされた感じになります。そのまま寝ると足先までぽかぽかの状態で熟睡できました。おそらく副交感神経優位になるためだと思います。寒い寝室は全く暖房してませんでしたが湯たんぽや電気毛布も必要ありませんでした。

    今日この機械の改良に携わったKさんが治療に来院しました。出張で全国を飛び回っているのですが先日悪寒に襲われ、このままでは寝込みそうという状況だったそうですが1日で全く問題なく回復されたそうです。暑い季節になってもエアコンや冷たい飲み物、食べ物で身体が冷えることもあると思います。寒い時期だけではなく暑い時期にも使ってみて報告したいと思います。

    ハーフ&ハーフは車で来院する方には貸し出しもしています。効果をご自宅で確かめていただきたいです。

    アップワン  http://www.taion37.comからお問い合わせ下さい。

    青森県内の方は 株式会社縄文開発  Tel 0172-57-2936   FAX 0172-57-2951
               e-mail   masato@jkk-kouhou.co.jp  
            

    紹介者は青森市の歯科医の對馬人志(つしまひとし)でお願いいたします。
    今月下旬までは私のオフィスに機械がありますので試してみたい方はどうぞ(o⌒∇⌒o)
    車にも楽に積めるハーフ&ハーフは無料貸し出しも出来ます。
    アップワンの件でという件名でメールください。注文も出来ます。  j​ins​eib​ack​dro​p@y​aho​o.c​o.j​p

    オフィスには5月ころからアップワンを常設する予定です。


    0 0

    先日治療台を二台廃棄して一台新しく導入。昨日、待合室のソファーを入れ替えました。
    私のオフィスの周りには歯科医院が集中してあります。自分の年齢を考えても多くの患者さんを診ることはもうできなくなってきてます。特に老眼になってから拡大鏡を使う診療になり眼がキツいです。

    完全予約制で仕事をしていますので治療台を三台から二台にしました。開業以来同時に2人の患者さんを治療することはありません。

    予約制で急患随時って自分はおかしいと思います。外傷でもない限り歯が急に痛くなることは稀です。
    前兆を見逃してはいけませんね。

    一台は衛生士専用の治療台にして空いたスペースに陶板浴の機械を設置完了しました。
    今度からは常設です。
    イメージ 1

    良い連休をお過ごしくださいませ。


    0 0

    患者さんから紹介されてコンビニに週刊現代を買いに行きました。
    知りたかったのは特集記事のガン保険のこと。

    二人に一人がガンになる時代。テレビCMでもやたらにガン保険の広告が流れてますね。考えてみれば二人に一人がガンになるなら保険会社は儲からないはず。そこには巧妙なカラクリがあるとのことです。

    自分はガン保険には入っていません。多分入ることはないと思います。砂糖を摂らないのでガンにはならないと暗示かけてます(^^)
    こんな本を最近買いました。
    イメージ 1

    話を戻してガン保険で注意しなければいけない点を上げます。
    1.上皮内新生物という極初期のガンになった場合には保険金が支払われないガン保険がある。
    2.加入後に直ぐ(90日以内)にガンになったときには保険金は支払われない。
    3.入院しないと保険金が出ない。たとえば身体の負担を考えて通院での放射線治療を選択した場合には保  険金が支払われないことがある。
    4.病歴告知をミスすると保険金が支払われない。たとえば胃潰瘍で投薬治療を受けたことがあることを告  知し忘れると胃がんになっても保険金は支払われない。
    5.再発した時には保険金は支払われない。保険の種類によって2年に1度。初回の診断から5年以内の再  発は支払われないなどよく確認が必要。
    6.数字のトリックで騙される。
      二人に一人がガンになるという言葉に騙されて万が一のために入ろうかというのがよくあるパターン。  しかし国立がんセンターの出している資料によると50歳の男性が10年後までにガンにかかる確率は   5%。60代の男性でも10年後までにガンにかかる確率は15%。つまり現役世代の90%はガン保険の 出番はない可能性が高い。 

    万が一ガンになった場合に入院、食事、交通費などのガン治療全般に掛かる費用は7割の人が100万円以内。貯蓄のある人ならあえてガン保険に入るメリットはなく若くして加入して長年保険料を払い続けるのは全く持ってムダになる。保険に入るくらいなら貯蓄をしていた方がいい。

    既に加入している人も契約内容をよく確認した方がよさそうです。


    0 0
  • 07/08/14--18:35: 健診の是非?
  • 日本でも調査して欲しいです。健診グループの方が非健診グループよりも寿命が短く、有病率も高いというショッキングなデータもあります。
    健診ビジネスと言われて久しいです。病気にならないように公費を使っても効果がないのなら正に無駄遣いであり、医療ビジネスといわれても仕方ないですね。



    0 0

    これまで砂糖及び果糖ブドウ糖液、代替え糖の有害性は何度か指摘してきました。

    科学的に考えても波動反射テストで調べても砂糖は麻薬並の有害性。砂糖を売り物にする大企業が情報をある程度支配してますのでテレビや新聞では取り上げられることは滅多にありません。うつ病の患者さんも何人か治療経験がありますが共通するのは甘党だということ。アトピーの人にも甘党が多いです。

    このことが真実に近いのかもしれません。


    出来るだけ病気をしないで世の中を平和にしたかったら砂糖の常食をまず止めるべきです。

    繰り返し言いますが砂糖は麻薬です。合法の麻薬です。合法なのは金儲けのためです。
    世界で一番生産量の多い植物がサトウキビだということを知っていますか?
    日本のスウィーツブームもただ病人を増やすためだけの周到な計画。
    このままでは病人だらけになり国が滅びます。


    0 0

    夏の高校野球青森県準決勝。素晴らしい準決勝2試合だった。どちらも逆転勝ち。

    イメージ 1

    野球は番狂わせが多いスポーツ。時間制限がないから試合が終わるまであきらめないことが大事。
    サッカーとは違う。

    第二試合は大どんでん返し。青森山田は全国に名前の知られたスポーツに力を入れてる私立高校。野球、サッカー、卓球、バドミントン等は全国区。この試合も8回終わって3-0。誰もが終わったと思ったに違いない。一方青森高校は県内有数の県立の進学校。練習時間も非常に少ないと聞く。練習メニューも選手たちが自ら考え監督は何もやることがないと言っていた。ドラマは9回に起きた。野球はピッチャーが調子いいと本当に番狂わせが起きるし、守りに入って隙をみせるとつけこまれる。まさかが起きた。

    最近の高校生ともなると口呼吸をしている選手が目立つ。たいてい出っ歯になっている。十分な酸素が取り込まれないし、疲労が蓄積しやすく怪我しやすい、集中力にムラがある。

    子育てで大事なことは口呼吸ではなく自然に鼻呼吸できるようにすること。3歳くらいでもうはっきりしてきます。口呼吸してる子は顔をみれば大抵分かります。病気という認識がないからそのまま放置されてしまってます。私は一生懸命親御さんに指導しているのですがほとんど危機感を持っていません。歯並び、虫歯、喘息、アトピー性皮膚炎などとも密接な関係があるのに残念です。


    0 0

    EBM(科学的根拠に基づく医療)に基づいた歯科治療から離れ始めて10年くらい経ちます。
    EBMが有効なことも多いのですがどう考えてもおかしな症例に遭遇することがあります。科学的には解明されていないから治療方法は無いで済ませるのは簡単なことです。しかし科学の99%は仮説という本を読んでから科学をそのまま信じ込むことはしなくなりました。時代と共に変わりゆくものです。たとえば健康のために毎日牛乳を飲むことは今でも推奨されてることですが実は間違いであり乳製品の利権者が情報を巧みに操作して消費者を欺いてきたことがわかってきました。

    桜の散ってしまった弘前で藤井先生のセミナーに参加したのが10年近く前だと思います。

    この動画では、二重盲検法という薬の効果を判定する検査法の信頼が脆くも崩れてます。薬を服用するといい方をする意味を今の医者は知らないのでしょうね。生き物は物質の持つ直接の作用と間接的に働く作用(波動)のどちらにも影響を受けています。食べ物はもちろんですが身につけるもの(衣類やアクセサリーetc)からも影響を受けてます。パワーストーン等は直に効果のないものはバレてしまいます。



    EBMに対する批判的見解

(Page 1) | 2 | 3 | .... | 8 | newer